ホットヨガでマツエクの持ちを良くする方法

ホットヨガ人口と共に最近はマツエク(まつ毛エクステンション)を愛用している方も多いです。

かくゆう私自身、ホットヨガ通いのマツエク愛好者です。

以前、知人と話していて、「何か運動してるの?」と聞かれ「ホットヨガくらい・・」と言うと「やってみたいけど私マツエクだからムリだわ~」と言われた事があります。

ホットヨガ=大量に汗をかくというイメージ(実際そうですが)=マツエクが取れやすいと思うようです。

しかし実際、ホットヨガが原因でマツエクの持ちが悪くなったと感じる事は特に無いです。

むしろホットヨガへ通い始めて、改めて「やっていて良かった!」と思うのは、まつエク脱毛で、毛があってほしい所だけにあるというのは素晴らしく快適だなと感じています♪

ホットヨガに通いながらマツエクの持ちを良くする為に気をつけている事もあるので、以下に方法をまとめておきます。

私は、レッスン中も私並に汗かいてる人を見たことないほどの汗っかきです(;・∀・)
その上、かなり面倒臭がりの無精者なので・・・、マメじゃない方も参考になると思います。

マツエクを付けた当日はホットヨガへ行かない

マツエク施術をした後の当日中はホットヨガのレッスンには行っていません。

マツエクサロンで注意として書かれている、”当日の運動や入浴は控えて下さい”という一文がありますが、この”運動”には、もちろんホットヨガも含まれます。

何なら最近ではマツエクサロンで「当日のホットヨガは控えて下さい」と言われる事もあります。

グルーがまだ完全に乾いていない時にサウナに行く人は居ないと思います。

まぁサウナほど暑くはないですが、ホットヨガも汗めっちゃかきますので、マツエク付けた直後には行かないようにしましょう。

ただし!ホットヨガへ行ってから→マツエクを付ける
これなら同日でも問題ありません(・∀・)

なるべく汗を目元まで垂らさないようにする!

マツエクが取れてしまう原因の1つが汗です。

ホットヨガではどうしても汗をかいてしまうので、マツエクの持ちが悪くなるイメージがあるようですが、そもそも、この汗を目元まで垂らさないようにすれば良いのです!

汗止めヘアーバンドを着用する

いわゆる汗止めの役割となるターバン/ヘアーバンドを付けてレッスンを受けるのがオススメ!

ジムなどでも使えそうなスポーツ用のヘアーバンドでも良いですし、ヨガ用のヘアターバンも可愛いです。
ヨガブランドものでも、小物の部類に入るので、割とお手頃価格で購入できます。

マツエクではない方でも、「汗が垂れてきて集中できない!」という方なんかは是非試してみて下さい。快適に集中してヨガに取り組めます!

目元の汗は、こまめにこすらず拭く!

これも特に意識してやっていたというよりも、当然の事として気をつけていただけです。

目に汗が入ったら普通に痛いので、ホットヨガのレッスン中、特に顔面はこまめに拭いています。

ゴシゴシこするのは、マツエクだけでなく、お肌にも悪いです。

マツエク愛好者として”目元をこすらない”は常識ですが、顔のシワを無闇に増やしたくなければ、マツエクしていなくても顔面はゴシゴシこすらない癖を付けておきましょう。

特に目元の皮膚は薄くてデリケートです。
ポンポンとタオルを当てていく感じで拭きましょう。

顔面用のタオルは吸水力の高いものを使う

先に触れたとおり、私はカナリの汗っかきなため、レッスン中の汗拭きタオルは身体用と顔面用と2枚を使い分けています。

そこまで汗かかないという方は1枚で良いかと思いますが、吸水力の高いタオルを使うようにしましょう。

ポンポンっと軽く叩くだけで汗が拭き取れますので、大変便利です。

必須ではありませんが、値段も1枚1000円程度ですし素材的にあまりヘタレないので、マツエクの持ちが良くなると思えば安い買い物です。

ホットヨガ以外でも旅行や温泉やアウトドア時に使っていますが、これ1枚で全身拭ききれてしまう上にコンパクト収納できて嵩張らない優れものです。

レッスン後にドライヤー(冷風)を当てる

こちらもマツエクサロンで言われる事ありますよね。

正確には、入浴や運動の”前後”マツエクに冷風を当てると、持ちが良くなります。

私は・・面倒くさがり屋さんですので・・・レッスンや入浴前には当てていません^^;

ホットヨガの後はシャワーを浴びますが、そのあと髪を乾かす時に、最初にマツエクに冷風をブォーっと当てています。

入浴後も同様ですが、髪を乾かすついでなので面倒でも手間でもないです。習慣にしてしまいましょう。

まつげ美容液を塗る

まつげ美容液は、マツエクサロンで売られていたりもします。

もはやホットヨガ云々ではなく、自マツゲあってのマツエクライフです。
自マツゲが強ければ、マツエクは取れにくくなりますし、付けられる量も増えます。

逆に何もせずにマツエクを付け続けて自マツゲを弱らせてしまうと、マツエクを付けることさえ出来なくなってしまう自体になりかねません(^_^;)本末転倒ですね

もっと塗った方が良いのかも知れませんが、私は朝メイク時の1日1回、まつげ美容液を塗っています。

これまた、メイクする”ついで”なので、手間とは思わず私でも続けられています。

まつげ美容液は様々なメーカーから販売されていますが、消耗品ですし、色々使ってみて自分に合うものを使い続けるのが良いでしょう。

コーティング剤を塗る

ホットヨガのレッスン前にコーティング剤を塗っておけば、マツエクは更に取れにくくなり、持ちがよくなります。

レッスン前にメイクを落としますが、その後にササっとひと塗りしておくだけです。

コーティング剤も様々なメーカーから販売されていますが、マツエクサロンでも良く取り扱いのあるルアーのコーティング剤は特にオススメです。

そんなに高いわけでもなく1本で何ヶ月も持つものですので、マツエクの持ちが良くなる事で経済的でもあります。

まつげ美容液と併せて常用する事をオススメします。

そもそもグルーやサロンが合っていない

ここまで挙げてきた事を私は全て完璧に実践しているわけではないです。

特に、まつげ美容液やコーティング剤は何日もサボってしまっていたり、冷風は入浴やホットヨガ前には当てていなかったり・・。それでも1ヶ月半だとかは普通に持ちます。

これらの事を実践していてもマツエクの持ちが悪い場合は、通っているマツエクサロンで使っているグルーや技術そのものが合っていない可能性があります。

こればっかりは相性の問題が大きいので、自分に合ったサロンを探す他ないのですが、私はホットペッパービューティを駆使して都内のマツエクサロン10件以上は巡っています。

ホットペッパーへ載せているようなサロンなら、粗悪なグルーを使っていたりもないでしょうし、初回割引のあるサロンも多いので、お得に色んなマツエクサロンを試せます(・∀・)v

お陰で、思い通りに持ちよく付けてくれるお気に入りのサロンが見つかりましたが、今でもたまに新規で他のサロンに行ってみたりもしています。

技術だけでなく、相談しやすかったり、自分に合うマツエクを提案してくれたりという部分も大事なので、”ここでやってもらえば安心”というサロンを1つでも見つけておくと心強いです。

ホットヨガとマツエクの持ちまとめ

もうお気づきかと思いますが、目元をこすらない・汗はこまめに拭く・まつげを乾かす・美容液で自マツゲに栄養を与えて強くする・・など。

これらは、ホットヨガやマツエクをやっていなかったとしても、マツゲの為に気をつけるべき事です。

当たり前の事として習慣付いてしまえば、私のような無精者でも、ホットヨガに通いながらマツエクの持ちも普通の状態で過ごせます。

ホットヨガもマツエクも、どちらも日々の生活が素晴らしく快適になるものです。

上手く付き合う事で、身体もマツゲも健康的に美しくしていきましょう♪