ホットヨガ体験レッスン時の服装は?レンタルウェアってどうなの?

ホットヨガ体験レッスン時の服装は?レンタルウェアってどうなの?

ホットヨガの体験レッスンへ行く際に、まず気になるのがウェア
「服装ってどうしたら良いの?」って事ではないでしょうか?

また、当サイトで主にオススメしているホットヨガスタジオ、LAVA(ラバ)・カルド(CALDO)・ロイブ(loIve)などは、体験レッスンの時に上下のレンタルウェアも付いてきます。

「レンタルウェアってどんな服?」
「何度も着られてるんでしょ?レンタルウェアって汚くないの…?」
「レンタルウェアを使いたくないけど断れるのか?」

などにもお答えする形で、ホットヨガ体験の際の服装について解説します。

Advertisements

ホットヨガのレンタルウェアってどんなの?

ホットヨガの体験レッスンの際、LAVA(ラバ)・カルド(CALDO)・ロイブ(loIve)などのスタジオでは、上下のレンタルウェアが特典で付いてきます。

これら大手ホットヨガスタジオだと「手ぶらで体験」が出来るようになっていて、ウェアだけでなくタオルやヨガマットのレンタルや、水も付いてくるというサービスがあるので、気軽にホットヨガのレッスンを試しに受けてみることが出来ます。

また、レンタルウェアが付いてこないスタジオや、体験レッスンではない場合であっても、ウェアは数百円でレンタルする事が出来ます。

※ウェアのレンタルを行っていないスタジオもあります

どんなタイプの服?

ホットヨガスタジオのレンタルウェアとして用意されている服は、スタジオや店舗によっても異なりますが、大体以下のようなウェアになります。

レンタルウェア上
カップ付きキャミソールやTシャツ
レンタルウェア下
レギンスやハーフパンツ

ホットヨガのレンタルウェア

レンタルウェアのデザインについてもスタジオや店舗によって違いはありますが、柄などはない無地で、色は黒やグレーなど、シンプルな服装のものしか見たことがありません。

ちなみにLAVAの公式サイトでも、体験レッスンの際のレンタルウェアに対して以下のような記載があります。

★キャミソール(カップ付き)かTシャツのいずれかになります。店舗により異なります。出典:LAVA公式サイト

サイズは?

ホットヨガのレンタルウェア
レンタルウェアのサイズは、通常MサイズかLサイズの用意があります。
ただし、こちらも店舗によりMサイズしか用意されていない事もあるでしょう。

サイズが合うかどうか心配な場合は、体験レッスンを受ける店舗へ問い合わせてみましょう。

汚くない?

レンタルウェアレンタルウェアは使い捨てではないので、他の体験や会員の方も着ている服になります。

当然、洗濯などはシッカリしているもので、臭ったりだとかヘタれている事はないのですが、「受付にハンガーで掛けられていたものを出され衛生面が心配だった」といった意見もあったりします。

衛生面が気になる方や、合うサイズのウェアがレンタルで無さそうな場合は、ご自分でレッスン用の服を用意していかなければいけません。

ホットヨガ体験レッスンでウェアを持参する場合

ホットヨガ体験レッスン
ホットヨガスタジオで体験レッスンを受ける際、レンタルウェアを使わずに自分で用意していく事ももちろんできます。

そういった場合、どのような服装にすれば良いのか?

ちなみに私はレンタルウェアが付いてきても借りない事が多いです。
特にトップスは借りません。理由はカップ付きの服が好きではないから…。
それとレッスン前の着替えが面倒なので、洋服の下に着て行っちゃいたいという理由もあります。(笑)

「レンタルウェアは要らないです」と体験レッスン当日に断ることも出来ますし、「上だけ借ります」とか「下だけ借ります」とかも出来ますので、上下に分けてご説明しますね。

トップス(上)

ホットヨガウェア
基本的にレンタルウェアにあるような服装が良いでしょう。

キャミソール・タンクトップ・Tシャツです。

運動用に使用しているものがあれば、それで。

汗でビッショビショになっても良いのであれば、普段着ている服でも問題ないですよ!

ボトムス(下)

ホットヨガウェア
下も基本はレンタルウェアで用意されているようなものがオススメです。

レギンスやハーフパンツです。

ただし、ボトムスは普段着で履いているようなものだと動きづらいので、運動用のストレッチが効いているものが良いです。

また、常温ヨガでは良く見かけるようなアラジンパンツみたいなシルエットのパンツも、ホットヨガでは汗を吸うと暑く重くなりがちなので、特に初心者さんにはオススメできません。

とはいえ特に決まりもないので、ご自身が動きやすいのであれば何でも良いです。

今まで、「学校のジャージかな?」といった感じの名前が入ったハーフジャージや、ユニクロのリラコだとかの部屋着っぽいものを着ている方も見たことがありますが、特に変だと思う事もないです。

初めてのホットヨガ体験レッスンであれば、ビギナーコースなどを選択されるでしょうし、そこまで活発で激しいポーズやフローもないので、楽で動きやすい服装なら問題ないですよ。

ウェアを持参する場合の注意点

ホットヨガの体験レッスンでレンタルウェアを使用せずに持参した場合、1つだけ注意点があります。

それは、レッスン時に着た服を入れる袋を持っていくこと。

ホットヨガのレッスンでは、リラックス系のプログラムでなければ基本的に全身から大量の汗が出るため、ウェアはビショビショになります。

レッスン着を持参した場合は、持って帰らなければいけませんので、使用済みウェアを入れる袋を忘れずに持っていきましょう。

旅行などの時に使っているランドリーバッグが最適ですが、普通のビニール袋とかでもいいし、何でも構いません。

確かロイブは(店舗によるかも)シャワールームに、この汚れ物を入れる用のビニール袋が備え付けられていましたが、基本的にスタジオには用意されていません。

実はこれ、私自身、ホットヨガ通いたての頃に何度か忘れて…バスタオルに包んで持って帰るという荒業で凌ぎました。(笑) ちょっとした物ですが結構大切です。

【まとめ】ホットヨガ体験レッスンでのウェア

ホットヨガ体験レッスンに行こう
まとめると、以下のようになります。

  • 体験レッスンではレンタルウェア(上下)が付いてくることが多い
  • レンタルウェアはシンプルなTシャツ・キャミソール・レギンス・ハーフパンツ等
  • レンタルが嫌だったり合わなそうなら自前でウェアを持っていってもOK
  • 持参するウェアは動きやすい服であれば何でもOK
  • 持参する場合は持ち帰る時にウェアを入れる袋を持っていく

基本的には、レンタルウェアにしろ持参するにしろ、自分が動きやすいのであれば、どんな服装でも大丈夫です。

さすがに、スカートや長袖だとかの服装でレッスンを受けている方は見たことがありませんが、その辺は…分かりますよね!?(笑)

ホットヨガって、服は何でも良いし、素足だから靴は要らないし、マットはレンタルもあるし買っても1000円代~購入できる。
マットと身体さえあれば出来る、とてもお金のかからない習い事です。

あとはホットな環境と教えてくれるインストラクターが居ればOKで、これはスタジオが整えてくれています。大手のLAVAやカルドを筆頭に、スタジオの質もとても良いです。

体験レッスンも、気軽~に楽しんで行かれてみてください(*^ ^*)

なお、体験レッスン後に「ホットヨガへ通おう!」と決めた時のウェアの選び方については、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

ホットヨガの服装 ウェアの選び方
ホットヨガの服装 ウェアの選び方